労働保険の節約

労災保険と雇用保険のことを、「労働保険」といいます。
労働保険の負担は、企業が従業員を雇用している限り、収益に関わりなく同様に発生するものです。

スポンサードリンク

労災保険は企業が全額負担し、雇用保険は企業と被保険者の両者が支払います。
保険料というのは、会社にとって大きな負担であり、極力節約できないかと頭を悩ませる部分ではないでしょうか。

「メリット制」を上手に活かすことができれば、労災保険を正当に節約することが可能です。
労災保険の保険料は、労災の事故が起きやすい仕事内容の企業に対して保険料を高めに設定し、危険性が低ければ低いほど保険料も低めに設定されるので、節約できていることになります。

メリット制とは、いくら労災事故の危険が高い事業内容であっても、危機管理がちゃんとしており、事故対策への意識が高い会社には、事故にはつながりにくいと判断して、労災保険の保険料を安くしてくれるというものです。

企業努力で、保険料の節約が実現するという、すばらしい制度ですね。
保険料を不当にごまかすなどではなく、堂々と胸を張って節約をし、さらには本当に会社の環境も改善されてしまうのですから、一石二鳥といえるのではないでしょうか。
危険管理をするのは、もちろん簡単なことではないでしょうが、試してみてください。

被保険者となる人の数を減らすことも、保険料節約になります。
役員と呼ばれる方で、執務執行権を持っていれば、従業員ではないので保険料は免除となります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

節約のために女性の保険
保険に入ると、毎月保険料を支払わなければいけなくなり、家計の負担や節約を考えて、......
地震保険の必要性
地震が多い島国の日本に住んでいる以上、大地震への恐怖や備えについて、考えたことは......
自動車保険で事故対策
自動車を運転する方であれば、車の事故への備えの必要性を、常日頃から実感されている......
節約に定期保険を
定期保険をご存知ですか? 定期の名前の示すように、一定の期間に渡って保険が保障し......
火災保険における節約法
火災というのは、たとえ火の始末にご自身やご家族が充分注意していても、隣接した建物......
ペット保険で節約
「ペット保険」に加入するなどというと、どこまで過保護なのかといった声もありそうで......
自転車保険で節約
「自転車保険」は、まだまだ浸透しておらず、あまり聞いたことがないでしょう。 自転......
第1号被保険者に妻が入る
国民年金の加入者が、第1〜第3号まで分けられているのをご存知ですか? 保険料もも......
保険で子供をサポート
子供が誕生したら、成長を願うと共に保険があった方がいいのか考えるでしょう。 「学......
盗難保険で防げること
自動車を所有していると、なにかと維持費がかかります。 保険料を少しでも節約するに......
保険が海外できくクレジットカード
海外旅行にでかけたときに、旅先で病気や怪我をして病院のお世話にならなくてはいけな......
国民健康保険が海外でも使える?
海外に旅行に行って、怪我や病気をしてしまったら、日本の国民健康保険が使えることを......
がん保険の節約ポイント
がん保険に加入する日本人は、死因の1位ががんということもあって、かなり多いそうで......
ゴルフ保険で節約
ゴルフ保険というものを知っていますか? ペット保険など、近頃ではさまざまな商品を......
失業保険の申請
「失業保険」は、雇用保険に半年以上入っていた方が、その会社を辞めて失業した際に、......
傷害保険の種類や節約法
傷害保険とは、不慮の事故での怪我や亡くなった際に、支払われる保険のことです。 事......
保険選びに国民共済も加えて節約
「国民共済」は、一般的な民間保険会社の保険料に比べて、掛け金がかなり割安です。 ......
養老保険で節約
養老保険は、年を取ってからの時間を養う保険です。 保険が満了しときと死亡時に、保......
保険見直しの必要性
保険にかかっている保険料の金額は、万が一の備えだからやむを得ないと支払っている方......
スキー・スノボー保険で節約
スキーやスノボーなどの、ウインタースポーツが大好きという人は大勢います。 「スキ......
個人年金保険
「個人年金保険」という保険を、ご存知です? 個人年金保険では、保険料を積み立てて......
バイク保険の必要性
バイク保険に加入している人は、全体の4割前後だといいます。 自動車保険は一般的に......
留学保険の節約ポイント
海外へ留学が決まったら、ぜひ日本の保険会社の「留学保険」に加入しておくことをお勧......
後期高齢者医療保険制度で変わる老後
後期高齢者医療保険制度が導入されたことによって、75才以上の方たちが受け取る年金......
入院保険の必要性
入院保険は、万が一怪我や病気が入院するほどの大ごとになった時に、保障してくれるも......
自賠責保険と自動車保険
自賠責保険に入るのは、自動車運転の「強制保険」と言われているように、避けられませ......
企業の社会保険料節約法
企業が負担している人件費は、全体の13%もの金額を社会保険料が占めているそうです......

▲このページのトップへ