節約に定期保険を

定期保険をご存知ですか?
定期の名前の示すように、一定の期間に渡って保険が保障してくれます。
「普通定期保険」、「逓減定期保険」、「収入保障保険」などの種類がありますが、今回は節約の観点からご紹介しましょう。

スポンサードリンク

定期保険そのものが、まず保険料の安く設定されている商品のため、家計の節約になっています。
「逓減定期保険」は、年齢を重ねるにつれ、年々毎月の保険料が安くなっていく保険です。

逓減には、「だんだん減る」という意味があります。
主契約者がバリバリ働いている時期には支払う保険料を少し高めにし、お子さんが大きくなり独り立ちしていくころには、債務も減るということで、保険料が安くなり節約に回せます。

保険料の、先々の家計にかける負担の節約を、計画的に備えるのは、賢い方法といえるのではないでしょうか。

「収入保障保険」は、定期保険の中でも比較的新しくできた保険です。
職を失った時には公的保険がサポートしてくれますが、家賃や光熱費やローンなど、月々決まった出費をあらかじめ計算すると、さらに保障があった方が安心という方も多いでしょう。
保険に入るより、節約して貯めた貯金があるから大丈夫といわれるかもしれませんが、不況が長引いたとき、再就職が見つかるまでどのくらいのスパンが開くかまでは予想がつきません。

収入保障保険は、毎月保険料が受け取れるというものです。
支出が月々どのくらいあるのか、公的保険で入る金額と計算して、それぞれにあった保険金額を設定し、加入しておくと安心です。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

節約のために女性の保険
保険に入ると、毎月保険料を支払わなければいけなくなり、家計の負担や節約を考えて、......
地震保険の必要性
地震が多い島国の日本に住んでいる以上、大地震への恐怖や備えについて、考えたことは......
自動車保険で事故対策
自動車を運転する方であれば、車の事故への備えの必要性を、常日頃から実感されている......
火災保険における節約法
火災というのは、たとえ火の始末にご自身やご家族が充分注意していても、隣接した建物......
ペット保険で節約
「ペット保険」に加入するなどというと、どこまで過保護なのかといった声もありそうで......
自転車保険で節約
「自転車保険」は、まだまだ浸透しておらず、あまり聞いたことがないでしょう。 自転......
第1号被保険者に妻が入る
国民年金の加入者が、第1〜第3号まで分けられているのをご存知ですか? 保険料もも......
保険で子供をサポート
子供が誕生したら、成長を願うと共に保険があった方がいいのか考えるでしょう。 「学......
盗難保険で防げること
自動車を所有していると、なにかと維持費がかかります。 保険料を少しでも節約するに......
保険が海外できくクレジットカード
海外旅行にでかけたときに、旅先で病気や怪我をして病院のお世話にならなくてはいけな......
国民健康保険が海外でも使える?
海外に旅行に行って、怪我や病気をしてしまったら、日本の国民健康保険が使えることを......
がん保険の節約ポイント
がん保険に加入する日本人は、死因の1位ががんということもあって、かなり多いそうで......
ゴルフ保険で節約
ゴルフ保険というものを知っていますか? ペット保険など、近頃ではさまざまな商品を......
失業保険の申請
「失業保険」は、雇用保険に半年以上入っていた方が、その会社を辞めて失業した際に、......
傷害保険の種類や節約法
傷害保険とは、不慮の事故での怪我や亡くなった際に、支払われる保険のことです。 事......
保険選びに国民共済も加えて節約
「国民共済」は、一般的な民間保険会社の保険料に比べて、掛け金がかなり割安です。 ......
養老保険で節約
養老保険は、年を取ってからの時間を養う保険です。 保険が満了しときと死亡時に、保......
保険見直しの必要性
保険にかかっている保険料の金額は、万が一の備えだからやむを得ないと支払っている方......
スキー・スノボー保険で節約
スキーやスノボーなどの、ウインタースポーツが大好きという人は大勢います。 「スキ......
個人年金保険
「個人年金保険」という保険を、ご存知です? 個人年金保険では、保険料を積み立てて......
バイク保険の必要性
バイク保険に加入している人は、全体の4割前後だといいます。 自動車保険は一般的に......
留学保険の節約ポイント
海外へ留学が決まったら、ぜひ日本の保険会社の「留学保険」に加入しておくことをお勧......
後期高齢者医療保険制度で変わる老後
後期高齢者医療保険制度が導入されたことによって、75才以上の方たちが受け取る年金......

▲このページのトップへ